読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの股関節ちゃんとわたし

臼蓋形成不全実録まんが「わたしの股関節ちゃんとわたし」を1日1コマ更新していきます。

バイオリンマイク問題についてのメモ

最近バイオリンにハマっている。

実力はしずかちゃんの1.5ヶ月後くらいである。
 
はじめは、ライブでやるだろうからとエレキバイオリンを探してたが、結局生バイオリンの音の素敵さにやられて購入してしまった。
 
しかし、「ライブのときマイクをどうすればいいか問題」が浮上した。
普通のボーカルマイクみたいのの近くで演奏する手もあるが、弓の動きなどがどうしても邪魔になる。
バンドの中で、ライブハウスのようなところで、縦横無尽に演奏出来て、なおかつちゃんと音を拾ってくれるマイクはどれだろう。
 
よく見るオーディオテクニカのダイナミック単一指向性マイクなんぞは六万とかする。
他にもコンデンサやピエゾなど、いろんな種類があり何がいいかわからない。
 
そんな時、旦那が自作のピエゾマイクをコマに貼り付けたらどうか、と提案してくれた。旦那はピエゾマイクを自作したりする趣味を持っている。
傷つくのが嫌なので、マステで固定してみた。
………簡単にハウった。失敗。
 
 
次に、会議やニコ生とかで使うようなマイクを2コ購入して改造を試みた。1コ二千円くらいで済む。
………マイクの内部が適当すぎる、ミキサーと圧が違ってショートするなどして失敗。
 
 
 
ここでようやっと気づく。
餅は餅屋だ。
六万前後の価格帯のクリップマイクたちには、それなりの信頼と実績があってのことなのだ。
 
わたしは名古屋に住んでいるので、とりあえず名古屋のイシバシ楽器へ行ってみた。
 
わたくし「バイオリンにくっつけて演奏できるようなマイクありますか!?」
店員「ああ…たぶんこの辺にあるやつです(はなほじ)」
わたくし「そうっすか…(4つしかないし周波数画像の解像度悪すぎて見えん…)」
 
ただの楽器屋ではだめらしい。
弦楽器専門をうたっている「クロサワバイオリン名古屋店」へ行ってみた。
 
店員「クリップ…ですか…?クリップのチューナーならあるんですけど…」
 
いらないよ!?
チューナー!?
いらないよ!?
 
 
結局ここでもダイナミックとコンデンサマイクが一種類ずつ置いてあるだけで終わった。
 
 
餅屋がいない!!
名古屋には餅屋がいない!!!
 
 
先日、東京へ行く用事があったので、ついでにお茶の水の楽器ストリートへ行ってみた。
 
魅力的な店名を見つける。
エレクトリックなバイオリンを扱っているなら、片隅に生バイオリンエレクトリックに奏でるように出来るようなマイクもちょっとくらい置いてあるだろう。
 
場所はクロサワバイオリンお茶の水店のすぐ隣だ。
案内されるがまま4階に上がってみると、小さいフロアに見たこともない変わった形のエレキバイオリンがたくさん展示してあり、真ん中にはマイクが取り付けられて鎮座してる生バイオリン、そしてなぜかオクターバーをかませながら小さいアンプでこれまた見たこともないエレキバイオリンをいじっているお兄さんとお姉さんが目に飛び込んできた。
 
本物感しかしないぜ…!!
 
わたしはすぐさまお兄さんに、自分がやりたいこと、演奏するシチュエーション、予算などを相談した。
 
お兄さん「それならこれしかありませんね…!!」
 
キラリと目を光らせながら、手に取ったのはコンデンサでもダイナミックでもなく、ピエゾだった。
 
 
なん…だと…!?
 
 
わたし「ピエゾはだんなが自作したのをくっつけたことがありまして、大失敗しまして…」
 
お兄さん「自作…だと!?
 
今度はお兄さんが驚く。そこまでやる人はあまりいないらしい。
しかし、自作のポチっとしたマイクだとやはりハウりやすいという。
ついでに言うと、コンデンサもダイナミックもPAがしっかりしていないとハウる
1万そこらで購入したとしても、ハウって大変になるなら意味がない。
 
お兄さんが勧めてくれたのは、コマの下にはめ込むタイプのピエゾマイクだった。
 

David Gage

amazonに売ってない。
 

f:id:moeacin:20160515103334j:plain

 取り付けいめえじ。
 
なんてかっこいいんだろう…
これをハメこんどけば、いつでもどこでもエフェクターをかませながらライブハウスで演奏が出来る。
ちょうどお兄さんがハメたやつが展示してあったのでアンプに繋げて聴かせてもらう。クリアで良い音だ。バンド内でも映えそう。ついでに近くに転がってるオクターバーをかませてみたいが意味がないのでやめた。
 
しかもコンデンサやダイナミックよりはるかに安い、三万円
 
それでも三万円ではあるが、致し方ない。もうわたしは、バイオリンマイク探しの旅に疲れた。
 
なんでもある大都会東京で、生バイオリンをバンドでやりたいとかいうレアな要望に応えてくれるところを見つけた。もうこれは、旅を終えて良い気がする。足も痛い。多分また東京のイシバシ楽器島村楽器へ行っても無理だろう。みんなエレクトリックギターやベースのことしか知らないだろう。
 
かくしてわたしは三万円をクレカできった。
Tポイントがわんさか溜まるという期待も込めて。
 
しかしもう一つ問題がある。
コマの下にどうやってつけるの問題。
 
お兄さん「弦を全部緩めて、表面を抑えながらこう…」
わたくし「ムリムリムリムリムリムリ
 
最近やっとおっかなびっくりE弦(激細弦)を替えたばかりの超絶初心者にそんな職人技はムリである。バイオリンの魂と言われる魂柱を下手したら爆発させかねない。
 
お兄さん「あ、じゃあ持ってきて貰えばボクやります。」
 
なんてバイオリン職人イケメンなんだろう。惚れるぜ畜生!
でもうち名古屋なんです。今日、うちの一松(バイオリンの名前)はお家で良い子してるんです。
 
お兄さん「ええっ名古屋からわざわざ!?」
 
系列店のクロサワバイオリン名古屋店に職人がいるので、購入したマイクを持っていけば入れてくれるよともいう。
 
しかし、職人とはいえ名古屋にマイク専門屋はいなかったのは調査済み。名古屋職人のマイク取り付けに関して経験はとても浅いのだろう。
 
 わたくし「お兄さんにぃ〜つけてもらいたいなぁ〜❤︎」
 
お兄さん「じゃあ送ってもらえればつけますよ!僕なら10分とかでできるし!ついでに歪みがあったらメンテしときます!
 
カリスマとしか言いようがない。来世ダライ・ラマとかになるんじゃないのこの人。
 
かくしてカリスマバイオリン職人イケメンお兄さんに全てを任せることで解決した。
今朝東京から帰ってきたから、これから送ろうと思っている。
出来上がりは乞うご期待である。
 
おわり。