読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの股関節ちゃんとわたし

臼蓋形成不全実録まんが「わたしの股関節ちゃんとわたし」を1日1コマ更新していきます。

手術2日目「映画をみる」

わたしの股関節ちゃんとわたし 入院中日記

[まえおき]

わたしが左股関節の回転骨切り術という手術をした入院中の日記を1日1記事書こうと思います。タイトルが手術○日目みたいになりますが、もう退院しているのでそこんとこ勘違いなさらず。

 

右足の手術をしたときの日記は、こちらのまんがになります。

 

はじめの日

uyunyanuyu.hatenablog.com

 

まえおき終わり。

----------------------

f:id:moeacin:20161126144134j:plain

 

わたしは映画が苦手だ。

映画を見に行って、つまらなかったら数時間ムダにしてしまったと後悔してしまうからだ。あとなんとなく感情移入できない。子供の頃友達がいなくて繰り返し見ていたジブリ映画以外は、なんとなくみるのに勇気がいる。

あと、人の顔を覚えるのが超苦手なので、実写のドラマや映画はキャラクターがみんな同じ顔に見えてしまってストーリーが全く分からなくなる。

 

でも、映画をたくさんみている人はなんかかっこいいし博学な感じがする。入院を機に、映画やドラマをちゃんと見る人になろうと思った。で、DVDを借りてきてもらったり、Huluに加入してみた。

 

この日は、「かぐや姫の物語」「スカイクロラ」「ted」をみた。

 

アニメなら個性的な髪の色や目の色などキャラクターデザインがなされているため、人の顔が覚えられないという事態は回避できる。

また、tedは比較的登場人物が少ないのでなんとか理解できた。

かぐや姫の物語」は、繊細な描写や物語にそこそこ感動した。あと捨丸にいちゃんの死亡フラグにハラハラした。

良かったのは「スカイクロラ」だ。この地味さ、繊細さ、事件が起こってそうで起こってなさそうさ、人が死んだり生きたりのあっさりさ、そしてあの空気感、すべてがわたし好みだった。永遠にループしてみていられると思った。

 

入院中は、体が思うように動かなくてヒマである。しばらくは映画でひまつぶしが出来たらいいなと思った。