読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの股関節ちゃんとわたし

臼蓋形成不全実録まんが「わたしの股関節ちゃんとわたし」を1日1コマ更新していきます。

手術17日目「ファイナルファンタジーとわたし」

わたしの股関節ちゃんとわたし 入院中日記

[まえおき]

わたしが左股関節の回転骨切り術という手術をした入院中の日記を1日1記事書こうと思います。タイトルが手術○日目みたいになりますが、もう退院しているのでそこんとこ勘違いなさらず。

 

右足の手術をしたときの日記は、こちらのまんがになります。

 

はじめの日

uyunyanuyu.hatenablog.com

 

まえおき終わり。

-------------

f:id:moeacin:20161216213019j:plain

 

また記憶スケッチで申し訳ないけど、Huluを解約したわたしはファイナルファンタジー13をはじめた。

ファイナルファンタジーはナンバリングタイトルもふくめ何作かスマホに移植されたりスマホゲームになっているので、以前から興味があった。試しに無課金で「メビウス」や「時の水晶」をやってても、なんかおもしろくない。やっぱり話題になったナンバリングタイトルをやりたい、と思っていた。

ファイナルファンタジーとわたしの歴史は、中学生?くらいのころまでさかのぼると思う。当時の友達がFF7を貸してくれてはじめた。そのうちFF8〜10、10-2までは出るたびに律儀にやっていたと思う。なので、未だにドット絵のFFにはなじみがない。美しいグラフィック=FFと言う感じになっている。

FF12PS2だったが、当時のわたしはFF12をやるためにPS2を買った。他のゲームは全然やる気がなかった。昔のわたしは金持ちだったなと思う。独身だったし・・・で、PS3FF13が出たとき、もう3かよ〜なんかお金も置く場所もったいない〜と思ってやるのをやめた。やめたけど気になっていた。

 

そんなFF13がいつのまにかスマホに完全移植されている。しかも二千円でやれるという。さらに、もともとRPGは、やっているうちに話の展開を忘れ去ってしまうので、集中してやるのが良いと思っている。FFはいつも話が複雑だし、入院にはうってつけだと思った。もうこれはやるしかない。病院にwi-fi飛んでるし完璧だ。

 

というわけでFF13を購入して始めた。

はじめのムービーから美しすぎて圧巻だった。でも話がよくわからない。あとなんかついてくる黒人がキモい。

FF13は変わった話で、6人の仲間がケンカしたり仲間割れしたりしてなかなか集結しない。バトルには3人参加できるのに、平気で2人ずつで行動したりするので序盤はなかなかおもしろくない。話もなんか暗い・・・どうなるんだ・・・でもライトニングとホープかわいい・・・おねしょた・・・ヴァニラとサッズはびみょう・・・

微妙なスタートだったけど、グラフィックはきれいだし、しばらく楽しめそうと思う。

 

入院当時は発売するって知らなかったけど、現在はFF15にどっぷしハマっている。といっても他人のプレイ動画を見てるだけだけど・・・感動しすぎて号泣してしまった。年のせいだろうか。

 

まあそんな感じで、入院中はヒマをつぶしていたという話です。