読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの股関節ちゃんとわたし

臼蓋形成不全実録まんが「わたしの股関節ちゃんとわたし」を1日1コマ更新していきます。

手術33日目「心得」

わたしの股関節ちゃんとわたし 入院中日記

[まえおき]

わたしが左股関節の回転骨切り術という手術をした入院中の日記を1日1記事書こうと思います。タイトルが手術○日目みたいになりますが、もう退院しているのでそこんとこご心配なさらず。

 

右足の手術をしたときの日記は、こちらのまんがになります。

 

はじめの日

uyunyanuyu.hatenablog.com

 

まえおき終わり。

-------------

f:id:moeacin:20170114212608j:plain

前も少し書いたが、闘病中の心得は「落ち込まない」だ。

 

「あ・・・・死にたい・・・・」と思い始めたら迷わず休む。

軽いウツは十分な睡眠と食事で治る。

「あ・・・コイツ殺したい・・・」と思い始めたら迷わずお笑いを見る。

憎しみは笑いで浄化されてゆく。

入院中は特に孤独になりがちなので(わたしは病院が家から遠かったので特に)、必要以上に落ち込んだり、イライラしたり、マイナスの感情にとらわれないようにがんばった。

だからわたしはふつう、わたしはげんき、わたしはだいじょうぶ・・・フヒヒ・・・

 

ガチでウツの時って、暗くてリアリティのある作品がたのしめない。「闇金うしじまくん」とか「おやすみプンプン」とか。ものすごいドツボにハマって、闇から抜け出せなくなってしまう。読み進めるのに「ひぃぃ」って顔を背けながら読んでる。じゃあ読むなと。

逆に「ワンピース」とか「ナルト」とかなんにも考えずに読めるので、ウツのときはそういうのを見ていた。「わあ!なんかみんな元気だあ!」以外の感想が浮かばなくて良い。あとなんだろう、絵柄を純粋に楽しむのみの目的とか。

「ウツ」から「ちょっと落ち込んでる」くらいに回復してやっと「がっこうぐらし」とかが楽しめるようになってくる。多分ウツの時って必要以上にマジメに感じて見ちゃうんだろうな。

とりあえず、「こんなリハビリもう無理、入院も無理、帰りたい、帰って飛び降り自殺したい、すべてが憎い」と思い始めたら、お笑いとかオモコロをみるようにしていた。笑いってすごい。辛いのふっとぶよ。次の瞬間忘れても良い内容だし。お笑いの良さがやっと分かったここ数年であった。フヒヒ。