読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの股関節ちゃんとわたし

臼蓋形成不全実録まんが「わたしの股関節ちゃんとわたし」を1日1コマ更新していきます。

2016年8月5日抜釘(ばってい)7

f:id:moeacin:20160805175523j:plain

 

いつもご訪問いただきありがとうございます。

1度目の手術体験はこちらに描きました!よろしければ!

togetter.com

 

ところで私はつげ義春先生という漫画家/エッセイストが非常に死ぬほど好きなんですけども、「わたしの股関節ちゃんとわたし」というタイトルは、大好きなつげ義春先生の「つげ義春とぼく」にちょっと寄せてつけました。

つげ義春とぼく」は単行本のタイトルです。そしてもちろん著者はつげ義春先生です。じゃあ「ぼく」って一体誰やねん。

 

わたしは、この単行本を手にした日から、そんな素朴な疑問を持ち続けています。

 

誰なん、ぼくーーーーー

 

ぼくって誰ーーーーーー!!??

 

つげ義春がまず存在する。

ということを著者であるつげ義春先生は書いている。

そんなつげ義春に寄り添っている「ぼく」もまたつげ義春なのだ。

わたしがつげ義春を見つめるとき、つげ義春もまたわたしを見ているのだ。

つげ義春つげ義春つげ義春

何度読んでもつげ義春ゲシュタルト崩壊しそうでクラクラする、非常にロックでアーバンでアバンギャルドなタイトルでシビれる。

 

そんなタイトルに反してるのかどうかわからないが、本の内容は、素朴なエッセイです。

 

 というわけで、このブログのタイトルは別に覚えなくていいんですけど、「つげ義春とぼく(つげ義春著)」は素晴らしい名作なので、読んでほしいです。

このブログはどうでもいいんで、こっち読んでください。

つげ先生大好き!!

 

 

 

スポンサーリンク