わたしの股関節ちゃんとわたし

臼蓋形成不全実録まんが「わたしの股関節ちゃんとわたし」を1日1コマ更新していきます。

手術11日目「日曜がヒマ」

[まえおき]

わたしが左股関節の回転骨切り術という手術をした入院中の日記を1日1記事書こうと思います。タイトルが手術○日目みたいになりますが、もう退院しているのでそこんとこ勘違いなさらず。

 

右足の手術をしたときの日記は、こちらのまんがになります。

 

はじめの日

uyunyanuyu.hatenablog.com

 

まえおき終わり。

-------------

f:id:moeacin:20161207204445j:plain

 

日曜日は、リハビリも診察も検査も何も無いのでヒマである。

普通ならお見舞い客とヨロシクやっといて!みたいな曜日なんだろう。

でも、わたしの場合家からとても遠い病院に入院したので、だんなが来れば良い方。

そもそも、最初はクリニックから家から近い大病院に紹介してもらったのに、その病院が手術予定がいっぱいで、遠くの病院をまた紹介されたのだ。わたしが受けた手術はそこそこマイナーらしく、やっているところが限られている。解せぬ。

 

それはともかく、日曜日は特にヒマなので、とりあえずHuluをみる。

この日は映画「ねじ式」と「東京キッド」をみた。

何度か言及しているが、わたしはつげ義春先生が大好きなのである。ねじ式の映画は、つげ先生のいくつかの作品がつなぎ合わされたような構成になっていて、ダメダメな青年が夢のような世界に迷い込んで行ってTHE END・・・みたいな映画。多分。よくわからないけどつげ先生の意味不明さが凝縮されていておもしろい。主演は浅野忠信だ。

「東京キッド」は美空ひばりが小学生くらいの時に主演した映画で、白黒の昭和初期時代が楽しめる映画。ひばりめっちゃかわいい。「おじちゃーん」って言うのかわいい。昔の雰囲気もいい感じ。看護婦さんの制服がふわふわしててかわいかったなあ。

 

そんな感じでちょこちょこ邦画を堪能していた。

でもいまいち集中できなくて困る。やっぱり映画みるの向いてない・・・