読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの股関節ちゃんとわたし

臼蓋形成不全実録まんが「わたしの股関節ちゃんとわたし」を1日1コマ更新していきます。

気に入らないこと

f:id:moeacin:20170329162223j:plain

 

おひさしぶりです。懲りずにご訪問いただきありがとうございます!

最近何をしていたかというと、また抜釘をしておりました。

 

これ前回抜釘したときのマンガです。

note.mu

今回は前回より麻酔の後遺症で頭がずっと痛いです!助けて!!

 

それはいいんですけど、世の中には気に入らないことがいくつかあるじゃないですか。今回はそれを書きますね。なぜならわたしがイライラしているのを発散したいからです。

 

その1.ハロワ

ハロワに、就職する前日に「名前忘れたけど失業中ずっと持ってなきゃいけない顔写真つきの紙」と「就職先に書いてもらった採用証明書」を持って来てくれと言われる。なぜ前日指定なのかは不明。

と失業説明会で言いつつ、数週間後の失業認定日にハロワの職員が「やっぱり前日は混む日だから就業日から二週間以内に来てくれ」とさらに指定してくる。

抜釘後、ふと思い立ってハロワに電話する。

わたし「交通費も出ないのに就業前に紙をもらいにいくためだけにお金と時間を浪費するのは無職といえどさすがにイヤだ。ウダウダしていたい。というか手術後なので安静にしていないと傷が開いてしまう。」

わたし「というわけで就業日に採用証明書をもらい、そこから二週間以内に持って行きたいけど土日の開庁日やってますか?」

ハロワの電話口「やってません。」

わたし「えっ」

ハロワ「採用証明書を受け取る窓口は平日の日勤帯のみです。」

わたし「紙を受け取るだけなのに?」

ハロワ「はい。」

わたし「そもそも混む日だから就業日から二週間以内に、と指定してきたのはそちらなのに?やってないと。」

ハロワ「はい。」

 

なんということでしょう紙を受け取って本人確認をするという特に資格も経験も不要の仕事を彼らは土日にやらないのですせっかく就職したのに無職から這い上がり社会人になったのに忙しくなるのに平日の限られた時間内に来いと言い張るんです。

 

わたし「えーーーーーっと・・・・それは・・・」

わたし「えーーーーーーーーーーーーーっと・・・・・」

わたし「どうしましょう・・・・・・・・・」

 

ハロワ「どうしても無理でしたら、前日に来て(名前忘れたけど失業中ずっと持ってなきゃいけない顔写真つきの紙)を返却していただき、採用証明書は郵送で良いです。後日こちらで就職先に電話で就職されてるかどうか確認いたします。」

 

えっ

最初からそれでいいじゃん!!!!!

わたしが三行悩んだのなんだったの?

だいたい、前日指定とか失業日指定とか、無職ナメすぎでは??無職だからって、就業するその日まで闘病してる人もいれば家事や子育て、介護に追われてる人もいるのだから、なんかもっと便利にならん??あと混む日に来るなって職員が忙しくなるのイヤだからっていうのが透けて見えててとてもイヤ。

失業保険の不正受給とかあるみたいだから、本人確認とかも大事だとは思うんだけど、そんなら最近の銀行口座開設とか、いろんな申し込みってアプリ撮影で簡単に本人確認できるし、なんかそういう風にスマートにならんもんですかねえ。

 

ちなみに、なんで採用証明書をこんなに出したいかというと再就職手当がもらえるからです。人によるけどわりとそれなりの金額もらえます。出さないとどうなるのかはよくわからない。

 

しかしですね、わたしはこういうシステムを作っているのは所詮他の人だから、窓口の人は悪くないのだから、窓口の人に怒っても仕方が無いので出来るだけ丁寧に対応しようと心がけています。

心の中は炎の能力が覚醒せんばかりになっております。

 

その2.傷病手当

ブブブブブブブ(ケータイのバイブ)

わたし「はい」

全国健康保険協会全国健康保険協会と申します。うゆに様ですか?

わたし「そうです。お世話になっております(←ほうら!丁寧!)。」

保険「お世話になっております。実はですね・・・」

保険「傷病手当金のお申し込みをいただいたのですが、傷病名がですね、20XX年1-2月は股関節変形症、その後3月からの申し込み用紙には股関節変形症と書かれておりまして」

わたし「はい」

保険「今回、翌年の20XA年5月から股関節変形症の治療のためとなっておりまして」

わたし「そうですね」

保険「そうなると、20XA年5月から違う傷病ということになってしまって、休職理由にならず、傷病手当金が受けれなくなるんです・・・」

 

oh.................

おちつけ・・・・・・・

こういうときは・・・・・

般若心経を唱えるんだ・・・・・・・

傷病手当金が受けれなかったら、申請した分、一年分?くらいパア、マジで無職どころか無収入の人になってしまう・・・・・・・

家計が厳しい・・・・・夫が泣く・・・・・・

おちつけ・・・・・

打開策があるはずだ・・・・・

よく考えろ・・・・冷静になれ・・・・・・・

ぎゃーてーぎゃーてーはーらーぎゃーてー

 

わたし「まず」

保険「はい」

わたし「まず、病気の経過をご説明します。わたしは生まれた瞬間に両方股関節脱臼をしておりました。脱臼はそのときハメました。しかし、そのおよそ30年後両方の股関節の変形がひどくなり、ついに仕事をやめて治療に専念することを医師に勧められました。」

保険「はい」

わたし「なので、右股関節変形症と書かれていても、20XX年1月、いや実際にはそれ以前から実際左も進行している状態であり、現状、手術をしたのみでリハビリ中であり、右も左も完全には治っていません。」

保険「やっぱりそうですよね。」

わたし「HAHAHA、そちらに提出した状態だと、20XX年2月から3月にかけて左だけ突然治るという現象が起きていることになりそうですが、そんなことはないということです。」

保険「そうですよね」

 

わかれよ!!!!

 

と言いたかったけど前述したように窓口のお兄さんは無実なので何も言いません。むしろ、いつも病気の方の相手をして疲弊しがちなのではないでしょうか。お兄さんも極力こちらの話を聞く姿勢を見せてくれています。

 

保険「それでは、もう一度紙を郵送しますので、医師に書き直してもらっていいでしょうか?」

わたし「それはもちろん!(HAHAHA!お安い御用です!お金をもらえるならなんでもやります!!)」

保険「何度もすみません」

わたし「いえいえ」

保険「それでは失礼します。」

わたし「よろしくお願いいたします!!(わたしのお金のために・・・)」

 

と力強く電話を切ったのですが、さらに冷静になった今

20XX年2月から3月の時点でも病名の中で両→右と変わっているのだから、その時点で連絡くれてもよかったのでは・・・?

とふとよぎったりしたのですが、わたしが損をする分はどうでもいいということなんでしょうね。もういい。お前たちに感情は求めない。お金をくれればいいのだ。なぜなら就業中に保険を払っていたのだから。

 

無職期間、いろいろな手続きでお金がもらえることになるので、ある意味これが仕事なのだと割り切るしかねえですね。