読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの股関節ちゃんとわたし

臼蓋形成不全実録まんが「わたしの股関節ちゃんとわたし」を1日1コマ更新していきます。

2016年7月30日抜釘(ばってい)3

わたしの股関節ちゃんとわたし

f:id:moeacin:20160731212411j:plain

 

本文とはほとんど関係ないんですが、今日ひさしぶりに「もののけ姫」見ました。

たぶん10年以上ぶりくらいに見ました。

なげーな、って思いました。

映像が綺麗で、飽きなかったけども。

 

でも、子供の頃なんとなく見てただけだったので今以上にぼーっとしてて気付かなかったのですが、ひとつ疑問ができました。

エボシ御前の行動が矛盾しているのです。

タタラの村が大事だ」と献身的に村人の世話をしながら、「なんだかよくわかんない帝の命令」に従い、「すごく強いシシ神の首をとる」という無理ゲーに挑み、「結果として大事な村人が死にまくっている」のが疑問でした。

 

エボシ御前の行動が矛盾しているので、なぜ?と思ったのですが、ググったら裏設定みたいのを発見しました。

 

studiototoro.com

 

まあとりあえず「辛い過去があったからあんな行動に出た」ということがなんとなくわかりました。

それか、主に死んでいるのは男達なので、男ならどんだけ死んでもいいとでも思っているのでしょうか。

 

 

あとこれまた全然違うんですけど、最近おもしろかったブログの記事です。

diary.uedakeita.net

 

わたしはスラムダンクを読んだことがないのですけども、なるほどーと思いました。

 

ふと、「もののけ姫」に「深津をほめるおじさん」はいたかな?と考えてみました。

どう考えてもいませんでした。

序盤のおばあちゃんは占ってるだけだし、モロは説教するだけだし、エボシは分裂してるし、村人はどう考えても子供なアシタカに「様付け」をしてなんか崇めてるし。

大人がんばれ。

 

おわり。

 

 

スポンサーリンク